迷惑行為はプロの手でストップ|鳩被害に終止符を打つ

トコジラミ対策

南京虫

南京虫は吸血行為をする厄介な害虫で、かつて日本でも大流行して問題となっていましたが、現在ではその勢いは衰えて被害も減少しています。しかしまったくいないわけではないため、もし被害を受けたならそれ以上被害を増加させないためにも南京虫駆除を実行する必要があります。

空間処理剤と掃除

ダニ

人間の部屋はダニにとっても快適なので繁殖しやすく、駆除するには空間処理剤が有効です。ダニ駆除をしないでそのままにしておくと、アレルギー症状を悪化させるので、布団を干したり掃除などをするようにしましょう。

確認しておきましょう

コウモリ

コウモリは保護の対象

日本で最も生息数が多いブラコウモリという種類は、体調約5cm、体重も約10g程度とあって大変身軽な生物です。この小さな体調と機敏な動きを持って、換気扇の間やわずかに開いたドアなどの、小さな隙間から侵入し、住み着いてしまう可能性があります。繁殖期である夏には大量に増え、糞の被害も大いに増えてくるため、コウモリ駆除を行う必要が出てくるでしょう。コウモリ駆除を行ううえで問題になるのが、コウモリは蚊やゴキブリなどの害虫を食べる特徴があり、鳥獣保護法の対象になっていることです。所有地から追い出すことや寄せ付けないことは出来るものの、殺処分は禁じられていることから、むやみな駆除活動は違法になる可能性があります。したがって、コウモリ駆除を行うには、忌避剤や超音波などを用いて、自宅の空間から追い出すことを考えなければなりません。

法律に従い確実に駆除

そして、法律に違反せずに、確実にコウモリの被害をなくすことができるのが、プロの業者に任せたコウモリ駆除です。プロに任せるメリットは、コウモリが隠れていそうな空間を徹底的に調査してもらうことが可能で、自宅から完全に追い出してもらえる点です。「料金的にはいかがなものか」と気になる方も多いでしょうが、コウモリ駆除の相場は3万円程度からというのが一般的なようです。これは、被害を考えると、決して高い買い物ではないことから、是非とも業者に依頼することをおすすめします。少しでも節約したいという方は、さまざまな業者に問い合わせを行い、料金をしっかり比較する工夫を行いましょう。全国展開する業者もいくつか見られるようになりましたから、複数の業者から見積もりを取っておきましょう。

やはりプロに頼るのが一番

コウモリと同じく、飛行するタイプの害獣がもう一匹います。それは鳩です。普段からよく目にする機会がありますが、鳩被害に悩まされている人が多いのが現状です。糞尿などの臭いが一般的な鳩被害と言えますが、放置していると仲間を増やすので被害が拡大する可能性があるでしょう。素人だけでは難しいので、やはりプロに頼るのが一番です。