迷惑行為はプロの手でストップ|鳩被害に終止符を打つ

自力で片付ける方法

ハチ

最低限用意したいもの

蜂の巣を退治するなら専門業者に依頼するのが一番安全ですが、巣の種類によっては自力で駆除することも可能です。もしプロに頼まず自分で蜂の巣を退治する時は、安全のために抜かりなく準備しておきましょう。準備の工夫次第で退治の時のリスクを大幅に減らすことができます。最低限用意する必要があるものは、防護服と殺虫剤、長い棒と捕虫網です。特に欠かせないのは、防護服です。蜂の巣駆除の専用防護服を手に入れるのが理想的ですが、買うと何万円もするので予算の都合のつかない方もいらっしゃるでしょう。養蜂家の方が使う防蜂ネットなら3,000円前後で販売されています。蜂の巣被害が多いエリアでは、役所に頼むと防護服などを貸してくれるところもあるので調べてみて下さい。防護服ではなく普通の服で対応する時は、蜂の攻撃性を誘発しない白い色のファッションにすることがポイントです。

自分で駆除できるサイズ

自分で退治することができる蜂の巣は、サイズで見分けましょう。自宅に作られてしまった蜂の巣のサイズが直径10センチ以内なら、自力で退治することも可能です。10センチに満たないサイズの蜂の巣は、できたばかりなので脆く壊しやすいのが特徴です。ただし、いくらサイズが小さくても凶暴なスズメバチの巣なら駆除はプロに任せなければなりません。スズメバチは攻撃性が強く毒性も高いので、小さな巣でも油断大敵です。スズメバチの巣の特徴は球状をしていることで、表面に貝殻のような模様もあります。一方、ミツバチの巣は巣盤の層が並行に重なり合っています。アシナガバチの巣も六角形の巣房がたくさん寄り集まっている構造をしているので、スズメバチの巣とはすぐに見分けがつきます。また、蜂の危険性を回避して退治したいなら業者にお願いするといいでしょう。業者は駆除の際に、依頼者を安全な場所まで避難させてから作業を行うので、巣から逃げた蜂に襲われることはありません。